個人的なまとめ。

てきとーに何か書きます。

Ubuntu 16.04 LTSで好きなバージョンのwiresharkを使いたい。

Ubuntu 16.04 LTSで wireshark 1.xを使いたい。
っていうか、好きなバージョンのwiresharkを使いたい。
※もちろん、Ubuntuであればどのバージョンでも動作します。


普通にターミナル上で sudo apt install wiresharkを行うと、wireshark 2.xのバージョンの物がインストールされてしまって、1.xの時と比べGUIが変更されてるので、非常に使いにくい!

と感じたので、ソースコードからビルドする方法を記載します。

  1. Wiresharkのサイトからファイルをwgetでダウンロードする
  2. ダウンロードしたファイル内に cd で入る
  3. configureを実行する
  4. makeする
  5. make installする
  6. aliasに設定する

といった流れで行う。


今回は1.12.10を入れるが、他のバージョンが欲しい場合は、以下のURLから好きな物を選ぶ。
https://www.wireshark.org/download/src/all-versions/


以下、ターミナル上でのコマンド

wget https://www.wireshark.org/download/src/all-versions/wireshark-1.12.10.tar.bz2

tar xf wireshark-1.12.10.tar.bz2

cd wireshark-1.12.10.tar.bz2

sudo ./configure --prefix=/usr/

sudo make -j 3

sudo make install -j 3

configureの途中でエラーが吐かれた場合は、

sudo apt install bison flex libpcap-dev libqt4-dev libgtk-3-dev

を入れる事で解決できます。
また、make install時にエラーが吐かれた場合は、

sudo apt update

を実行して、再度make installを行えばなるかと思います。


make時に、-jオプションを付ける事で、並列にmakeする事ができるようになるようです。一般的にCPUコア数×1.5ぐらいの数字が妥当のようです。
そして、makeが問題なく通ったら、実行してみます。

sudo /usr/bin/wireshark/

ただ、これだと一々このディレクトリに入って、このように入力をしなければならないので、それはちょっと面倒くさい。

その為、エイリアスを設定する事で、ターミナル上で wireshark 等と入力することで起動できるようにする。

sudo vim ~/.bashrc


bashrc内の最後部に以下のように記述します。

alias wireshark='sudo /usr/bin/wireshark/'

上書き保存をして、

source ~/.bashrc

を実行します。エラーが吐かれなければエイリアスの設定が完了!
ターミナル上で wireshark と入力し、問題なく実行ができ、更にインターフェースの情報が取得出来れば終わりです。
エイリアスを設定する際に、sudoを付ける事で、ターミナル上での実行時にsudoを付ける手間を省いています。


3月7日 追記: 各エラーを取り除きました。恐らくこれで問題無く動くと思います。
3月8日 追記: wiresharkの実行ファイルの場所をディレクトリの中から、/usr/binを指すように若干変更しました。
3月23日 追記: prefixが指すパスを変更しました。未確認ですが、問題無いかと思います。